staffBlog

2023.01.18更新

大人と比べると子供の歯は虫歯になりやすい...。

これは、確かに言えることです。しかし「そういうものだから仕方ない」と一言で片づけてしまうことで、防げたはずの虫歯になってしまうケースが少なくありませんnamida

なぜ子供の歯は虫歯になりやすいのかを理解して、正しい対応をすれば、多くの虫歯を防ぐことが可能です。

 

flower2理由1flower2

乳歯の場合、エナメル質が永久歯の半分しかない

歯の一番外側の層をエナメル質と言います。このエナメル質に穴が空くことで虫歯が発生します。

そして乳歯のエナメル質の厚さは、永久歯の半分ほどしかありません。穴が空きやすく、かつ進行しやすいのです。

乳歯が生え始めてからの定期的な検診と、フッ素塗布などの虫歯予防に努めましょう。

 

flower2理由2flower2

きちんと歯を磨けていない

正しく歯を磨けていれば、虫歯のリスクはグっと下がります。保護者さまにとって、仕上げ磨きは慣れない作業です。

年齢に合った仕上げ磨きの方法を歯科医院で教えてもらうことが大切です。

お子様が歯ブラシを自分で持てるようになってからも、できれば10歳くらいまでは保護者様の仕上げ磨きを継続してあげてください。

 

flower2理由3flower2

おやつをダラダラ食べる

長い時間をかけて、それも甘いお菓子などを食べていると、虫歯のリスクの高い状態が持続します。

おやつは、長くても30分以内に食べ終わるようにしてその内容にも注意しましょう。

子供の歯は虫歯になりやすい

 

tooth虫歯予防なら東大阪 近鉄長瀬駅前 ないとう歯科tooth

 

 

 

 

 

投稿者: ないとう歯科

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

スタッフブログ 大阪SJCD 今すぐネット予約