staffBlog

2016.06.01更新

こんにちはexplosion

みなさんはこんな新聞記事を読まれたことはありますか❓

新聞記事

 

これは2015年8月27日の読売新聞に掲載された記事です。

『歯医者さんの水が危ない』という話をこれまで耳にしたことはないでしょうか⁇bibibi

歯科診療において『水』は欠かせません、虫歯を削る時や、クリーニング、型取り、口をゆすぐ時、最初から最後まで全てにおいて『水』が使われているといっても過言ではないでしょう。

普通、歯科医院で使用される『水』は家庭と同じ水道水を循環させて使用していることがほとんどですが、『水』は夜間や長期休暇といった不使用時、つまり長い間循環させず放置したままにしておくと塩素濃度が低下し細菌が繁殖していってしまうのですgan

虫歯治療や歯周病治療というのは全て細菌感染によって引き起こされるのですが、治療に使用する器具や設備から汚染水または細菌が繁殖した『水』が使われて良いはずがありませんよねen

ないとう歯科では、徹底した滅菌管理、感染予防対策の一環として、『ポセイドン』という除菌システムを導入し、院内で使用する全ての水を除菌して使う様にしています。(ちなみにトイレの流す水もです 笑❗️)

ポセイドン

ちなみに今現在この様なしっかりとした水の管理を行っている歯科医院は日本全国で3%ほどと言われていますehe

3%のないとう歯科で安心・安全な歯科治療を一度受けてみませんか?スタッフ一同お待ちしておりますnicoglitter

 

 

tooth徹底した滅菌管理・感染予防・無痛治療ならないとう歯科へtooth

 

 

 

 

投稿者: ないとう歯科

スタッフブログ 大阪SJCD 今すぐネット予約